NEWS

2022.04.27 (new!) 「日本の国際宇宙探査シナリオ(案) 2021」を掲載しました

 

  この度、JAXA国際宇宙探査センターでは「日本の国際宇宙探査シナリオ(案) 2021」を広く、産業界やアカデミアの皆様をはじめ、国民の皆様にお読みいただくために、同文書の概要(Executive Summary)及び詳細版を掲載することといたしました。

  本文書の位置づけは、我が国として今後行っていくべき国際宇宙探査のグランドデザインの(案)を宇宙機関としてまとめたものです。JAXAはこのシナリオに沿って政府の国際宇宙探査政策/計画や産業界、アカデミアへの提言を適宜行っていくとともに、研究開発を進めます。

  2019年には国際宇宙探査協働グループ(ISECG)が発行した国際宇宙探査ロードマップ(GER)第3版をベースに改訂版をまとめましたが、今回は米国が表明したアルテミス計画や2020年8月にISECGが出したGER Supplementに対応しつつ、国内政策議論の進展や月・火星の科学の検討進捗等を踏まえて、2021年度版としてまとめました。

  月、火星及びその衛星を対象とした「国際宇宙探査」における目標や全体アーキテクチャ、環境データ分析、科学・技術の各ロードマップ、具体的なミッションの検討をまとめておりますのでぜひご参照ください。


(下記リンクよりご覧いただけます。)
日本の国際宇宙探査シナリオ(案) 2021 Executive Summary   
日本の国際宇宙探査シナリオ(案) 2021 (公開版)