ステートメント STATEMENT

JAXAは、人類の活動領域を月をはじめとする太陽系の天体へ拡大するため、国際協力のもとで宇宙探査計画に積極的に参加してきました。
国際宇宙ステーションの完成により、宇宙は私たち人類にとって、生活や仕事の場になりました。
生命科学、宇宙科学、技術開発などの分野で数多くの成果を上げています。
今後はさらなる産業振興や技術イノベーションの促進、外交と国際平和、教育・人材育成など、様々な貢献も期待されています。
2018年3月3日に文部科学大臣のホストにより開催された第2回国際宇宙探査フォーラム(ISEF2)では、世界の40以上の政府閣僚・高官や各国宇宙機関長が会合を持ち、宇宙探査は、人類の活動領域を拡大する重要な挑戦であり国際協力により全人類に利益をもたらす活動であることを確認し、「東京宣言」を発表しました。
このような国際的な認識のもと、JAXAは地球以外の天体への無人・有人の探査を拡大していきます。

計画 PLAN

JAXAでは、国際宇宙ステーション(ISS)プログラムへの参画や宇宙科学ミッション等で培った
技術や知見を最大限に発揮し、国際的に検討が進む月近傍有人拠点(Gateway)への参画とそれを生かした月面での持続的な探査活動の検討を進めています。

Gatewayについては、日本が強みをもつ分野(有人宇宙滞在技術や補給技術)での貢献に向けた技術検討を実施しています。
また、月面活動については、かぐやで得られたデータを活用し、現在開発中の小型月着陸実証機(SLIM)により、月面への高精度着陸技術の獲得を目指し、さらには月極域における水の存在量及び資源利用の可能性の確認を目的とする月極域探査ミッションを、2023年度の打上げを目標に検討中です。
その先には、将来の有人月面活動を視野に、大型月離着陸機を国際協力で実現し重力天体である月からのサンプルリターンミッション(HERACLES)を行い、将来の月面の本格的な探査と利用につなげていくシナリオを描いています。
また、月探査により得られる技術と知見を活用して、火星衛星からのサンプルリターンを行う探査ミッション(火星衛星探査ミッション:MMX)を、2024年度の打上げを目標に進めています。
これらは全て、科学的成果の獲得とともに人類の活動領域の拡大に資するものと位置付け、国際協働のもとでの実現を目指しています。

計画概要 PLAN OVERVIEW

国際宇宙探査ロードマップ図